値引きをしてもらいやすい環境

物件を借りるときに、値段交渉や条件を交渉している人は実際にどのくらいいるのでしょうか? 実際に営業マンに聞いてみたところ、家賃の交渉をする人は7人に一人くらいの割合だそうです。
初期費用ではもっと少なく、1年に数組だけと言う事です。

不動産会社に来た人に対して営業マンは必ず、探している希望の地域や、イメージ、家賃、間取りを確認します。 そして、いくつかの金額の物を提示するわけですが、この時に出された金額で高いものを排除するのはもったいないと言う不動産業者がいました。最初から諦めずに交渉をしてみれば良いと思うわけです。
意外と思われるかもしれませんが7割くらいの物件は交渉をして下がるものなのです。
貸主としてはよほどの人気物件で無い限り、開けておくくらいなら、人に貸した方が収入になるからです。ですので、あまり期待をするのもいけませんが、数千円であれば十分交渉が出来るようになのです。

また、不動産屋さんと大家さんが友好な関係を持っているならなおさらです。ちょっとくらいは絶対に下げてくれるのです。このように、意外と家賃は下がるものなのです。 家賃の下がりやすい物件には特徴があります。

まずは、長い期間空室の部屋です。ご存知の通り、空室では収入が入らない為です。 また、空き部屋が低層階しか残っていない場合も値引きの可能性は高いです。防犯面でも借り手が少ないことが原因です。是非、参考にしてください。